忍者ブログ
住まいでお困りのことを、どんな些細な依頼でも、ひとつづつ丁寧に解決していく、カツヒロハウスのお仕事ブログです。                                             このブログでは、今まで施工してきましたお仕事を紹介しております。                                                                              電 話 0120-930-315                                                                                                                                              住 所 福井市桃園1丁目3-4                                                                                                    勝啓建設株式会社 営繕事業本部
ブログ内検索
プロフィール
HN:
taniguchi masahiro
性別:
男性
職業:
建築屋
自己紹介:
住みやすい、暮らしやすい 便利なお家を考えるのが大好きです。

■ 所持資格 ■
一級建築士 第265219号
一級建築施工管理技士 
宅地建物取引主任者
増改築相談員     
福井県木造住宅耐震診断士
応急危険度判定士   
福祉住環境コーディネーター 
福祉用具専門相談員

■ その他 ■
●一級建築士事務所 
NAON  所長

●NPO法人
ふくふくネット  理事長


●あんしん住宅瑕疵保険
現場検査員
カウンター
忍者アド
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


介護保険を利用した 手すりの取付 I 邸その④


おじいちゃんが介護が必要となったお宅より

「おじいちゃんが、寝室から台所、トイレまでスムーズにいけるようにして~」

との依頼の続き。

縁側に手すりを取付、ピアノ室に入るための段差解消をして、ピアノ室の扉に取っ手をつけました。

次は、台所、トイレに行くための手すりの取付です。


横手すり、縦手すりは、対象者の方の導線に応じて取り付けましたが、

導線の中でもすこし変わった形で、手すりも取り付けました。

b78a1dc4.jpeg
トイレに行くまでの導線に 左写真のように階段があります。

階段の登り口の斜めになった腰壁を 対象者さんは掴むので

ここに ひとつ手すりを設けました。






CIMG3872.JPG
こんな感じで。

これで、指がしっかり掛かると思います。









次に トイレに入るための手すり

1e6573bf.jpeg
ここに見える扉がトイレの片開き戸。

扉の前には 左も右にも壁があり、凹んだ場所に
扉があります。







扉を開くときに 身体がふらつかないように、手すりを取り付けました。

CIMG3866.JPG
普通だと L型手すりとして、扉の前に縦手すりを設けるのですが

両側を壁に挟まれているため、扉を開くときに手を手すりから話してしまう状態となります。

なので、扉を開けても身体がふらつかない位置に縦手すりを設けました。




これで、安定した体勢で扉が開けれますね。


手すりの1本1本には意味があります!

介護保険での手すりの取り付けも カツヒロハウスにご相談くださいね




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カテゴリー
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
お問い合わせフォーム
最新コメント
バーコード
Copyright © 2008 カツヒロハウスの便利な住まいのお得なブログ All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS